トップ

あごなしを解消したい

あごを作って小顔になろう

小顔に見えるメイクと髪型を紹介

■小顔とあごの関係
あごがシャープではっきりしていると、顔の輪郭もメリハリがあって分かりやすくなりますよね。だけど、あごがないと、顔の輪郭がはっきりせず、丸顔に見えてしまいます。
そのため、体は細くても、丸顔であるために、ぽっちゃりとしている印象を人に与えてしまうんですね。あごがないということは、かなりのコンプレックスになってしまいます。

また、骨格的にあごはあるものの、脂肪分がないために、あごがないと思われてしまうケースもあります。何回も小顔整形等を、考えましたが怖くて勇気が出ずじまいでした。

あごがないだけで顔が大きく見えるなんて、かなり損をしていると思いませんか?首との境目があったら、小顔に見える可能性だってあるのです。

■あごなしの対策法
少しでも小顔に見せるために、あごなしの人に向けて、様々な解消法があります。

まず、メイクを使っての解消法。
これは、メイクをする際にカラーを利用してチークやハイライトによって顔に陰影をつけていきます。その効果で、丸顔でも痩せて小顔に見えるようにすることができます。ただ、あくまでメイクなので、そばで近づいて見られると、あごなしがばれてしまうので、注意が必要です。

さらに利用できるのが、ファッション雑貨などを用いた対策法です。たとえば、首元の詰まったハイネックなどのインナーを取り入れることで、首と顔との境目を強調することができます。また、冬場であれば、マフラーなどを首元に取り入れることで、顔の輪郭をはっきりさせることができます。

このように、顔と洋服との境目を強調することで、小顔効果を発揮することができるのです。

顔の骨格が小さいならともかく、骨格が大きくて、あごがないとなると、かなりコンプレックスですよね。彼氏よりも顔が大きくみられることもあり、けっこうショックを受けることもあります。あごをはっきりさせる方法があれば良いのですが……。